ダイヤモンドのカラーについて

こんにちは。

アールデコ辻井店の山本です。

本日はダイヤモンドのカラーについてお話させていただきます。

研磨済みのダイヤモンドは、無色のものから色の濃いものまで、濃さも色々ですが、黄色味がかった特徴を持つものが大部分だといえます。

色は、マスターストーンと比較して評価され、国際カラー等級表にしたがって等級がつけられます。 

一番良い白色から段々下がり黄色くなります。

評価はD, E, F, G, H, I, J, K, L, – - – の順になります。

何故、D判定が一番良いのかと言うと、現段階で判定できるレベルを今後、それを上回る判定のダイヤモンドが出てくる可能性があるから、今はDランクが最上になってるそうです。

これから先、科学の進歩や、研磨の技術がさらに向上すれば、A、B、Cのものも出てくるのが楽しみですね。